CASE STUDY

Robotic Crowdの導入事例

Interview

導入企業様へのインタビュー

Wantedlyの語る、RPA活用一周年の知見。スタートアップとRobotic Crowdの相性が抜群な理由

INTERVIEW

ウォンテッドリー株式会社

カスタマー・リレーション

震明 徹也さま

ビジネスSNS事業を手がける株式会社Wantedlyは、クラウドRPAであるRobotic Crowdを導入・運用し、1年が経過する。導入部署であったオペレーション部で業務量が1/3まで低下・生産性が飛躍的に向上したことにより、人事・カスタマーサービス・マーケティングの4部署までRPAの活用が広がったとのことだが、同社のRPA導入を牽引されてきた震明氏は、クラウドRPAとスタートアップの事業環境との相性は抜群と感じるそう。その理由とは。


「オペレーションの業務量を増やしながら、コスト削減をする」というワガママな命題にこたえるRPA

震明氏:サービス拡大にともなうオペレーション業務の増加にどう対応していくかは、スタートアップ共通の悩みです。業務の増大に伴いオペレーションを担う人も当然増やしていかなければならなくなりますが、人が増えるに比例してその分どうしても出てしまう人的ミスも増加するものですし、それをリカバリーする業務も必要だが、同時にそうならないための体制作りをする教育コストが膨らんでいってしまうのも避けたい、と。

例えばRPAを導入する前のWantedlyオペレーションチームでは、7人体制で25,000社以上の登録企業様の契約や利用の管理・請求業務全般から営業のセールスサポートまでを行っていたのですが、チームの派遣社員3人のうち2人は常時契約業務に貼りついてやっているような状態で、それでも、特に新規申込が増える月末に向けては多くの残業が発生してしまう傾向にありました。

そんな中、「コスト削減をしながら、オペレーションの業務量を増やす」という難しい命題を達成する強力な助っ人になったのが、RPAでした。RPAを導入することで、人手で行なっていた事務処理作業の自動化を行なったのですが、それによってオペレーションから人的リスクが取り除かれ、処理量の変動に関わらず確実にまわせるようになりました。それまで3名体制でギリギリやっていた業務が、1人が1〜2時間管理作業でまわせるようになったので、サービスを拡大しながらもコスト削減をすることが実現できましたし、空いた時間を作ってマニュアルの作成やオペレーション改善のための調査作業に手が回るようになり、仕事の内容も充実しました。

Wantedly 震明氏

現場側がちょこちょこ改善しやすい、Robotic Crowd。変化続きのスタートアップにとって、社員が日々自分で業務の自動化を設定し直せる価値は絶大

震明氏:弊社が当初Robotic Crowdを選んだ理由は、クラウド型であることから、Windowsか・Macかというような端末を選ばずに使えるという点だったのですが、使用して1年が経過した今では、「クラウド上で誰もが日々業務の自動化を行える」という点と「スタートアップという業務環境の相性の高さ」を強く感じています。

スタートアップでの業務は、人も増えればプロダクトも日々変化し、その度に業務フローも変化すると、変数だらけ。業務を自動化するには、時間をかけてきっちり状況を整理し、要件定義をして着手していくことを好む会社もあるかと思いますが、状況を整理している間にまた状況が変わっていくというのが、スタートアップです。そんな中では「今現在の状況下にある業務を、今日明日でぱっと自動化」することができ、そしてまたさらに変化の続くなかで「作ったものをベースに、”より良い”を日々追求できる」ということは、スタートアップにとって、ものすごく大きな価値なんです。変化が大きい環境の中では、「どう自動化するか、1から100まで計画を立ててやる」というよりも、まず着手し、ちょこちょこ作ってみるなかで改善していくというアプローチの方が、はるかに現実的なんですね。

また、エラーが出た時なども、特定の端末にインストールするタイプ(デスクトップ型)のものですとその端末にしか履歴が残りませんが、クラウド型だと遠隔管理ができますので、どこからでも管理・監視ができるところも便利ですね。

Wantedly 震明氏

Robotic Crowdの良さは、自動化ツールのなかで活用可能な範囲が一番広いこと

自動化ツールは昨今沢山ありますが、ものによって、できること・できないこと・向き・不向きの違いがあるなか、Robotic Crowdが対応できるものの幅が一番広いと思います。業務の自動化をしてツールを運用していく中で、他のツールの方が向いていると判断した時は切り替えることもありますが、そういうものが10のうち1つか2つあるとしても、その10のすべてに横断的に活用できるのはRobotic Crowdならではです。弊社では、弊社では業務の自動化をしたいときは、社内で活用中の他のツールを検討し、そこでカバー出来ないものをRCでまかなうという流れも多くあります。またRobotic Crowdに触れてどう業務を自動化するかを考えることで、結果的にJavaScriptをかけるメンバーが増え、社内のITリテラシーが上がり、他のソフトウェアを使いこなせるレベルも上がったと感じています。

クラウド上で誰もが使え、日々変化する現場でそれぞれがロボットを作成することが可能なことと、そしてその対応幅の広さ(拡張性の高さ)ーー以上が、私が自動化ツールの中でも特にクラウドRPAを勧める理由です。

Wantedly 震明氏

(取材・文/上原里菜)
 

Contact

お問い合わせ

資料請求