Blog

クラウド型RPA Robotic Crowdでは、どのくらい時間削減できますか?

目次

  • 削減時間はケースバイケース、詳細に試算しましょう
  • 時間削減はひとつの目安、RPAは人にはできなかったことまでできる
  • 注意点・増える時間もある
  • 本当の目的は、削減した時間で生み出す付加価値

ご質問

  • どのくらい時間を削減できますか?

回答

  • RPAツールで置き換えられる業務を洗い出して試算しましょう

削減時間はケースバイケース、詳細に試算しましょう

人が行っているルーティーンワークをRPAツールに置き換える場合、どのくらいの時間を削減できるかは、RPAツール導入を検討する上で重要です。これはケースバイケースですので、お客様おひとりおひとりにあわせて個別に試算する必要があります。

大まかな流れは次のようなものです。

  • RPAツールへ置き換えたい対象業務を特定する
  • その業務を完了させるのに必要な工程、時間、人数を洗い出す
  • 実際に置き換え可能な範囲を特定、時間を算出する

複数の人員で行っている作業であれば1人何時間×何人、というように計算します。


業務分析に役立つヒアリングフォーマット(無料)をご用意しています。フォーマットに従って、実際に試算してみましょう!


時間削減はひとつの目安、RPAは人にはできなかったことまでできる

RPAツールで置き換えた業務がそのまま削減時間になりますが、それ以上の効果もあります。RPAツールには夜間早朝も休日もありません。ですから、人間なら1日=8時間のところ24時間連続して続けることも可能になります。単純計算で1日で3人分のアウトプットを生み出せるようになるのです。

RPAに置き換えることで、これまで人では不可能だった量のアウトプットを生み出せることもあります。

これに加え、手戻りがなくなるという点も重要です。人は、単調な作業を長時間繰り返すとどうしても集中力が落ちて間違えてしまうもの。一度間違えるとやり直しの時間が発生しますし、アウトプットを事後に確認する時間も必要になってきます。

しかしRPAツールなら疲れ知らずなので、何時間でも同じペースでひたすら間違いなく繰り返すことが可能になります。アウトプットの確認もこれまでより少ない時間で事足りるかもしれません。

注意点・増える時間もある

ここまではポジティブな側面をご紹介してきましたが、RPAツールを導入することでこれまでには必要なかった時間が増えることもあります。

それは「RPAツールを運用する時間」で、例えば次のような時間が新しく必要になります。

  • RPA導入にかかる時間
  • ワークフローを作る時間
  • ワークフローが動かなくなった場合の調査・調整時間

ちなみにRobotic Crowdの場合はクラウド型なので導入のスピードは早く、また運用時も安定して動くのでエラーが起こりにくく、加えてカスタマーサクセスチームのサポートを頼っていただければ、問題が起こったとしても比較的早期に解決します。もちろんRPA利用量の増加にともなう追加ライセンス購入、インストール等の時間は必要ありません。

本当の目的は、削減した時間で生み出す付加価値

RPAツールを使う本来の目的は、時間削減でしょうか。削減した時間をこれまでにはできなかった付加価値創出に使うことこそが、本来の目的ではないでしょうか。

削減時間も重要ですが、それだけではなくどのくらい付加価値創造に繋げられるかという点にも注目したいですね。

クラウド型RPA Robotic Crowd で時間削減や付加価値向上を実現されたお客様のインタビューも合わせてご覧ください。

クラウド型RPAへ乗り換えることで大きく時間削減に成功された事例
毎日3時間を費やしていたトラブルシューティングがたったの5分に。(株式会社ワンスター様)

人手に依存しない価値提供のためにクラウド型RPAを導入された事例
提供サービスの競争力を高めるため、成長戦略としてRPAを導入。(株式会社STAUT様)

RPAツール導入時には、

  • 削減時間
  • アウトプット量の増加
  • 手戻りの削減
  • 運用にかかる時間の増加

など、これらすべてを考慮した上でバランスのよい選択をする必要があります。ひとつひとつを別に考えるのではなく、これらの効果の掛け算で考えるのがよいでしょう。

自分たちの場合はどのくらい削減できそうかなど、具体的なご相談はぜひお問い合わせください。個別ヒアリングの後、提案させていただきます。

ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

その他の記事

最新記事

Contact

お問い合わせ

資料請求