ABOUT

Robotic Crowdについて

Robotic Crowd 利用規約

第1条 定義

本規約における用語の定義は以下のとおりとします。

(1) 「知的財産権」とは、著作権、特許権、実用新案権、商標権、意匠権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、又はそれらの権利につき登録等を出願する権利を含みます。)をいいます。

(2) 「利用者」とは、本規約を承認のうえ、第2条に定める手続に従い本サービスの利用を申し込み、株式会社チュートリアル(以下「当社」といいます)によって本サービスの利用を許諾された法人・団体・個人をいいます。

(3) 「ユーザー」とは、利用者のもとで本サービスを利用する者であり、本条で定義する「管理者ユーザー」及び「利用ユーザー」の総称をいいます。

(4) 「管理者ユーザー」とは、本サービス上で、アカウント発行、プロジェクトグループ割、その他当社が認める権限を付与されたユーザーをいいます。

(5) 「利用ユーザー」とは、管理者ユーザーからアカウントを発行された上で、プロジェクトグループオーナー、プロジェクトオーナー、コラボレーター等の名称で本サービスを利用するユーザーをいいます。なお、プロジェクトグループオーナー、プロジェクトオーナー、コラボレーター等の役割、権限等については別途本サービス上で定めるものとします。

(6) 「アカウント」とは、本サービスにログインするためのIDおよびパスワード、メールアドレス、アクセスURL、その他ユーザーが本サービスにアクセスする際に必要となる情報をいいます。また、アカウントのうち、本サービスの管理者が利用するアカウントを「管理者アカウント」といい、利用ユーザーが利用するアカウントを「ユーザーアカウント」といいます。

(7) 「本サービス」とは、当社が提供する「Robotic Crowd」という名称の、クラウド上でRPA(Robotic Process Automation)を利用したシステムを構築できるサービスをいいます。

(8) 「申込者」とは、第2条第1項で定める「申込者」をいいます。

(9) 「利用契約」とは、第2条第2項で定める「利用契約」をいいます。

(10) 「利用者情報」とは、第2条第5項で定める「利用者情報」をいいます。

第2条 利用手続

1. 本サービスの利用を希望する者(以下「申込者」)は、①表記の「申込書兼承諾書」に必要事項を記載の上、当社に提出する方法、又は②本規約を遵守することに同意し、かつ当社の定める一定の情報を当社の定める方法で当社に提供することによる方法で、本サービスの利用を申し込むものとします。

2. 当社は、前項の申込について、各事項等を確認及び審査の上、申込を承諾する場合、前項①の場合には、当社所定の方法で承諾の旨を申込者に通知します。これにより、当該申込者と当社との間に、本規約の諸規定にしたがった本サービスの利用にかかる契約(以下「利用契約」)が成立します。

3. 当社は、申込が、以下の各号のいずれかに該当する場合は、本サービスの申込を承諾しないことができるものとします。

(1) 不実の内容にて申し込みが行なわれた場合

(2) 該当申込者が、過去に当社が提供するサービスにおいて契約上の義務を怠ったことがある場合又は今後も怠るおそれがあると当社が判断した場合

(3) 本サービスの継続的な提供が合理的な理由により困難であると当社が判断した場合

(4) 反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、反市場的勢力その他これに準ずる者を意味します。以下同じ。)である、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行っていると当社が判断した場合

(5) その他当社が業務の遂行上著しい支障があると判断した場合

4. 当社は、管理者アカウントを利用した申込その他の手続きが行われた事項、又は、管理者アカウントとして登録されたメールアドレスへのご連絡により確認した事項については、利用者自身による手続きとみなします。

5. 利用者は、表記の情報(以下「利用者情報」)に変更が生じた場合、速やかに変更後の内容を当社に通知するものとします。

6. 前項に基づき、利用者情報の更新がされた場合は、それ以後、当社から利用者に対する連絡、通知等は、変更先に対して送付又は送信されるものとします。

7. 本条の規定にかかわらず、本サービスの利用を検討する者は、当社が承諾した場合に限り、本条の手続きを経ずに無償で本サービスを利用すること(以下「トライアル利用」)ができるものとします。トライアル利用の期間、利用範囲については別途当社と合意するものとします。なお、トライアル利用については、第4条、第5条は適用されないものとし、その他の条項については「利用者」を「トライアル利用する者」に読み替えて適用されるものとします。

第3条 アカウントの発行及び管理

1. 利用者は、当社から許諾されたアカウント数を超えない範囲内で、管理者に対し管理者アカウントを設定することができます。

2. 管理者ユーザーは、当社から許諾されたアカウント数を超えない範囲内で、利用ユーザーに対してユーザーアカウントを付与することができるものとします。

3. 利用者は、別途当社が承諾した場合を除き、一つのアカウントを複数人で共有して利用させることはできません。

4. 利用者は、自己の責任において、本サービスにかかるアカウントを管理及び保管するものとし、これを第三者に利用させたり、貸与、譲渡、名義変更、売買等をしてはならないものとします。また、利用者は、ユーザーにもかかる行為をさせないよう義務付けるものとし、ユーザーの違反行為の責任は利用者が負うものとします。

5. アカウントの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による損害の責任は利用者が負うものとし、当社は一切の責任を負いません。

6. 利用者は、 アカウント情報が盗まれ、又は第三者に使用されていることが判明した場合には、直ちにその旨を当社に通知するとともに、当社からの指示に従うものとします。

第4条 利用期間

1. 本サービスの利用期間は表記の「利用期間」のとおりとします。なお、最低利用期間は12ヶ月とします。

2. ユーザーから利用期間終了日の30日前までに解約手続きがなされない場合、利用期間満了日の翌日から更に同様の期間自動的に同一内容で利用契約が更新されるものとし、以降も同様とします。

3. 利用契約成立後のキャンセル又は利用期間中の途中解除はできません。

4. 利用者は本条2項に定める更新期日について、当社からの連絡が実施されない旨について予め同意したものとします。

第5条 サービス料金

1. 利用者は、本サービスの利用にあたり、トライアル利用又は有償での利用を選択することができます。トライアル利用の場合には、使用できる各種機能、アカウント数、利用期間等が有償での利用よりも制限されることがあります。各プランで使用できる機能の詳細については、本サービス上で定めるところに従うものとします。

2. 本サービスを有償で利用する場合、当社は、本サービスのロボット数、プロジェクト数、発行アカウント数、ロボットの起動時間、サポート等の稼働時間、利用料のお支払いサイト、利用期間その他オプションの有無等によってサービス料金を設定いたします。なお、ロボットの起動時間、サポート等の稼働時間によってサービス料金が規定される場合、実際の起動又は稼働時間が当該規定の時間に到達しない場合でも、未消化時間数の繰り越しは行わないものとします。

3.  サービス料金の詳細については、別途当社が指定する価格表にて定めるものとし、当社は利用者に対し事前に通知することにより、サービス料金を変更できるものとします。利用者がサービス料金の変更後に本サービスを利用した場合、利用者は変更後のサービス料金を適用することについて同意したものとみなします。なお、利用者は変更後のサービス料金に同意できない場合、当該変更の通知後30日以内に限り、第4条第3項の規定にかかわらず利用契約を解約することができますが、この場合でも本条第9項が適用されるものとします。

4.サービスの利用開始月又は利用終了月において1ヶ月に満たない期間が生じた場合でも、サービス料金の日割計算はせず、当該利用開始日又は終了日が属する月にかかる月額サービス料金が発生するものとします。

5. 利用者はサービス料金の支払方法について、一括支払(利用期間に相当するサービス料金の総額を一括でお支払い頂く方法)と月次支払(月額サービス料金を毎月お支払い頂く方法)を選択することができるものとしますが、支払方法により、月次の料金が異なることを予め認識するものとします。

6.  前項のいずれの方法を選択した場合でも、利用者はサービス料金を、当社が指定する時期までに、当社が指定する銀行口座に振り込む方法によって支払うものとします。また、利用者が表記のオプションサービスを利用する場合は、別途当社が指定する日までに表記のオプション料金を支払うものとします。お支払いの際に必要な振込手数料、送金手数料その他の費用については、利用者の負担となります。

7. 利用者が、支払期日までに本条に定めるサービス料金、オプション料金その他の債務(以下「サービス料金等」)の支払を遅延した場合、支払期限の翌日から完済に至るまで、年14.6%の遅延損害金を当社に支払うものとします。

8.  利用者がサービス料金等を支払わないときは、当社は、利用契約を解約し、本サービスの提供を停止することができるものとします。また、サービス料金等の一部が支払われない場合も、本項に準じて取り扱います。

9. 利用期間の途中で利用契約が終了した場合でも、その理由を問わず、既に支払われたサービス料金等についての返金は一切行わず、当該終了の理由が当社の責に帰すべきものでない限り、利用者は残りの利用期間に相当するサービス料金(本条第3項なお書きに基づき途中解除する場合は、変更前のサービス料金が適用されるものとします)をただちに支払うものとします。

10. 当社は利用者と当社が合意したロボットの起動時間上限時間数(以下「契約時間数」)に達した場合においても、利用者の事業継続の観点からロボットの起動を停止しないものとします。但し、起動時間数が契約時間数を超過した場合、利用者は当社が定める上位の契約プランに切り替えるものとします。

第6条 再委託

   当社は、本サービスの提供の全部又は一部を当社の裁量で第三者に委託することができるものとします。この場合、当社は、再委託先を適切に選定し、監督するものとします。

第7条 利用者情報の利用

1. 当社は利用者より提出された利用者情報を善良な管理者の注意を持って管理し、本条その他において別段の定めがある場合を除き、利用者の書面による承諾を得ることなく、本サービス以外の目的のために利用あるいは複製し、又は第三者に利用させ、もしくは開示、漏洩いたしません。

2. 当社は、以下の場合、利用者情報を第三者に開示、公開することがあります。

(1) 前条に基づき当社が業務を委託した委託先が業務遂行上、利用者情報を知る必要性がある場合

(2) 法令に従った要請(捜査関係事項照会書による要請を含む)や法令の手続上必要とされる場合、当社、提携先、他の利用者、又は第三者の権利を保護するために必要な場合等、当社が必要と判断した場合

3. 当社は、本条の定めに関わらずマーケティング目的で利用者の名称やロゴを用いることができるものとします。

4. 当社は、本サービスにおいて利用者が入力したデータ、ワークフローなどの情報を、本サービスの不正利用防止の目的など、当社が合理的と判断した目的のために閲覧することができるものとします。

第8条 本サービスの停止等

1. 当社は、以下のいずれかに該当する場合には、利用者に事前に通知することなく、本サービスの利用の全部又は一部を停止又は中断することができるものとします。

(1) 本サービスに係るコンピューター・システムの点検又は保守作業を定期的又は緊急に行う場合

(2) コンピューター、通信回線等が事故により停止した場合

(3) 火災、停電、天災地変などの不可抗力により本サービスの運営ができなくなった場合

(4) その他、当社が停止又は中断を必要と判断した場合

2. 当社は、当社の都合により、本サービスの提供を終了することができます。この場合、当社は利用者に事前に通知するもの

とします。

3. 当社は、本条に基づき当社が行った措置に基づき利用者に生じた損害について一切の責任を負いません。

第9条 設備の負担等

1. 本サービスの提供を受けるために必要な、コンピューター、ソフトウェアその他の機器、通信回線その他の通信環境等の準備及び維持は、利用者の費用と責任において行うものとします。

2. 利用者は自己の本サービスの利用環境に応じて、コンピューター・ウィルスの感染の防止、不正アクセス及び情報漏洩の防止等のセキュリティ対策を自らの費用と責任において講じるものとします。

第10条 制限・禁止事項

1. 利用者は本サービス又はアカウントの利用にあたり、以下の行為を行なってはいけません。なお、利用者はユーザーが以下の行為を行わないよう適切に管理するものとし、ユーザーが以下の行為を行った場合には、利用者が当該行為を行ったものとみなすものとします。また、第三者を通じて行わせた場合も同様とします。

(1) 本サービスに関連するドキュメントやプログラムの修正、翻訳、変更、改造、解析、リバースエンジニアリング

(2) アフィリエイト等で報酬を得る目的で本サービスを利用する行為

(3) ハッキングを目的として本サービスを利用する行為

(4) 当社の許諾なく本サービスの派生サービス、本サービスと同一もしくは類似のサービスを、直接もしくは間接に、開発もしくは販売する行為、又は開発のベンチマークのために利用する行為

(5) 当社の許諾なく本サービスのライセンスを再販する行為

(6) 当社、提携先、他の利用者、その他の第三者の知的財産権等を侵害する行為

(7) 当社、提携先、他の利用者、その他の第三者の財産・信用・名誉等を毀損する行為および、プライバシーに関する権利、肖像権その他の権利を侵害する行為

(8) 当社、提携先、他の利用者、その他の第三者に不利益もしくは損害を与える行為、又はそのおそれのある行為

(9) 公序良俗に反する行為

(10) 法令に違反する行為や犯罪行為、それらを幇助する行為、又はそのおそれのある行為

(11) 当社、提携先、他の利用者、その他第三者のサイトを装ったフィッシング行為

(12) 有害プログラムを含んだ情報やデータを登録、提供する行為

(13) 本サービスに関する未公表の脆弱性情報を当社の承諾無く公表する行為

(14) 本サービスおよび当社が提供する全てのサービスの運営を妨げる行為、又はそのおそれのある行為

(15) その他、当社が不適切と判断する行為

2. 当社は、利用者による本サービス又はアカウントの利用が、前項各号のいずれかに該当する場合には、本サービスの提供又はアカウントの利用の停止、当社が被った損害の賠償請求その他当社が必要と認める措置を行うことができるものとします。また、この場合利用者は、当社に対して違約金として100万円を支払うものとし、当該違約金の額を超える損害が当社に生じた場合は、当該超過額を当社の請求に従って支払うものとします。

3. 当社は、本条に基づき当社が行った措置に基づき利用者に生じた損害について一切の責任を負いません。

第11条 免責

1. 当社は、本サービスが利用者の特定の目的に適合すること、本サービスが利者が期待する仕様・機能、商品的価値、正確性、有用性を有すること、利用者による本サービスの利用が当該利用者に適用される法令、業界団体の規則等に適合すること、本サービスに不具合が生じないことを何ら保証しません。

2. 当社は、本サービスの提供の中断、停止、利用不能又は廃止等によって利用者が被った損害が生じたとしても、これを賠償することを一切保証しません。

3. 当社は、当社の故意又は重過失により利用者に損害を与えた場合、当社は、当該利用者にかかるサービス料金の1カ月分を上限として、その損害を賠償します。ただし、この場合の損害には、付随的損害、間接損害、特別損害、将来の損害、逸失利益に係る損害は含まれないものとします。

4. 前項の定めに関わらず、利用者が無償で本サービスを利用している場合には、当社は本サービスに関連して利用者が被った損害について、一切賠償の責任を負いません。

5. 本サービスの利用を通じて、利用者が、第三者に対して損害を与えた場合、当該利用者は自己の費用負担と責任において当該損害を賠償するものとし、当社に対しいかなる補償・補填も請求しないものとします。

6. 本サービスの利用を通じて、利用者と第三者との間で紛争が生じた場合、利用者の責任において当該紛争を解決するものとし、直ちにその内容を当社に通知するとともに、利用者の費用と責任において当該クレーム又は紛争を処理し、当社からの要請に基づき、その経過及び結果を当社に報告するものとします。

第12条 知的財産権等

1. 本サービスに関する全てのプログラム、ソフトウェア、サービス、手続、文書、図面、ドキュメント(以下「プログラム等」)にかかる知的財産権は、当社および当社にライセンスを許諾する者に帰属します。利用者からの要望に基づいて当社がプログラム等に改変を加えた場合、当該改変物にかかる知的財産権については当社に帰属します。

2. 本サービス、本サービスに関する図面、ドキュメントなどの文書は、著作権法およびその他の知的財産権に関する法律ならびに条約によって保護されています。

3. 本サービスからアクセスされ表示・利用される各コンテンツについての知的財産権は、各情報コンテンツ提供会社の財産であり、著作権法およびその他の知的財産権に関する法律ならびに条約によって保護されています。

第13条  秘密保持義務

1.  本規約において、「秘密情報」とは、利用者が当社より提供又は開示された、当社の開発、技術、営業、業務、財務、組織、その他の事項に関する情報であって、当該情報が書面、電子メールその他の秘密表示が可能な媒体により開示される場合には、当該媒体に㊙マーク、Confidential などの表記により秘密情報である旨が明示され、その他の態様で開示される場合には、開示の際に当該情報が秘密情報である旨が告知された上で、開示後30日以内に秘密となる情報の内容を特定する書面が交付されたものを意味します。但し、以下の各号に該当することが書面により証明できるものは秘密情報から除外するものとします。

(1) 当社から提供又は開示がなされたとき、既に公知となっていた、又は自己において既に知得していたもの

(2) 当社から提供又は開示がなされた後、自己の責に帰せざる事由により公知となったもの

(3)  提供又は開示の権限のある第三者から秘密保持義務を負わされることなく適法に取得したもの

(4) 秘密情報によることなく単独で開発したもの

(5) 当社から秘密保持の必要なき旨書面で確認されたもの

2.  利用者は、秘密情報を本サービス利用の目的のみに利用するとともに、当社の書面による承諾なしに第三者に当社の秘密情報を提供、開示又は漏洩しないものとします。

3.  利用者は、秘密情報を複製しないものとし、秘密情報の複製物については第2項に準じて取り扱うものとします。

4   利用者は、利用規約の終了時又は当社から求められた場合にはいつでも、遅滞なく、当社の指示に従い、秘密情報並びに秘密情報を記載又は包含した書面その他の記録媒体及びその全ての複製物を返却又は廃棄するものとします。

5   本条の規定は利用契約の終了後も有効に存続するものとします。

第14条 契約解除

1. 利用者が以下の項目の1つにでも該当した場合、当社は、利用者に対してなんらの催告なくして利用契約を解除することができます。

(1) 利用者が本規約の条項の1つにでも違反した場合

(2) 利用者情報に不実虚偽の記載又は記入漏れがあった場合

(3) 当社の業務遂行およびサービス提供にかかるシステム等に支障を及ぼした場合、又はそのおそれのある行為を行なった場合

(4) 破産、会社更生手続、民事再生手続の申立を受け、又は自ら申立てる等、利用者の信用不安が発生したと当社が判断した場合

(5) 仮差押、仮処分、強制執行、競売等の申立、手形交換所の取引停止処分もしくは租税公課の滞納その他滞納処分を受けた場合、又はこれらの申立、処分、通知を受けるべき事由を生じた場合

(6) 6カ月間にわたり当社から利用者への連絡がつかない場合

(7) 利用者の反社会的勢力等との取引や関係性が認められた場合

2. 前項各号のいずれかの事由に該当した場合、利用者は、当社に対して負っている債務の一切について当然に期限の利益を失い、直ちに当社に対して全ての債務の支払を行わなければなりません。

3. 利用契約が解除された場合、利用者(ユーザーも含みます)はアカウントについては以降一切利用することはできません。

4. 当社は、本条に基づき当社が行った行為により利用者に生じた損害について一切の責任を負いません。

第15条 本規約の譲渡等

1. 利用者は、当社の書面による事前の承諾なく、利用契約上の地位又は本規約に基づく権利若しくは義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることはできません。

2. 当社は本サービスにかかる事業を第三者に譲渡(事業譲渡、会社分割その他態様の如何を問わないものとします。)した場合には、当該譲渡に伴い利用契約上の地位、本規約に基づく権利及び義務並びに利用者情報その他の情報を当該譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、利用者は、かかる譲渡につき本項において予め同意したものとします。

第16条 有効期間

利用契約は、利用者について第2条に基づき利用契約が成立した日に効力を生じ、利用期間満了日、解除により終了した日又は本サービスの提供が終了した日のいずれか早い日まで、当社と利用者との間で有効に存続するものとします。

第17条 終了後の措置

利用契約が終了した場合、当社は、利用者が本サービスにおいて作成したデータ、ファイル、その他一切の情報について、当社の裁量で削除できるものとし、利用者は以後利用、閲覧等を行なうことはできません。利用者は自己の責任でバックアップ等の対策を講じるものとします。

第18条 本規約等の変更

1. 当社は、本サービスの内容を自由に変更できるものとします。

2. 当社は、本規約(当社ウェブサイトに掲載する本サービスに関するルール、諸規定等を含みます。以下本項において同じ。)を変更できるものとします。当社は、本規約を変更した場合には、利用者に当該変更内容を通知するものとし、当該変更内容の通知後、利用者が本サービスを利用した場合には本規約の変更に同意したものとみなします。なお、利用者は当該変更内容に合意できない場合、当該変更内容の通知後30日以内に限り、第4条第3項の規定にかかわらず利用契約を解除することができますが、この場合でも第5条第9項が適用されるものとします。

第19条 準拠法・裁判管轄

本規約又は本サービスに関して紛争が生じた場合には、東京地方裁判所を第一審の専属的管轄裁判所とするものとします。

附則

平成30年5月28日 制定・施行
令和元年6月26日 改訂
令和2年8月13日 改訂
令和2年8月14日 改訂

お問い合せ

当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。

株式会社チュートリアル
〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町一丁目13番7号 日本橋人形町プレイス5F
inquiry@tutorial.co.jp

Contact

お問い合わせ

資料請求