Blog

テレワークにぴったりな業務自動化プラットフォーム=クラウド型RPA「Robotic Crowd」

突然奨励される在宅勤務・テレワーク

新型コロナウイルス感染症の影響で、外出自粛に伴う在宅勤務やテレワーク・リモートワークといった、これまでにない急激な変化の波がやってきました。

少し前までは誰もが予想しなかった状況ですよね。
みなさまのお勤め先はいかがでしょうか。

そうは言っても、どうしても職場での勤務が必要という方も多くいらっしゃるのではないかと思います。

求められる、テレワークへの対応

この流れは一時的なものではありません。この先さらに進展することはあっても、おそらく元に戻ることはないだろう、と言われています。

不測の事態をきっかけにして急激に変わりつつありますが、働き方改革、生産性向上や多様な働き方を取り入れてゆくという流れ自体はここ数年ずっと続いていたからです。

今後は、同じ仕事をしていても職場で働く人、リモートワークで働く人、また正社員だけではなく業務委託・フリーランスの方とのプロジェクト単位でのチーム作りなど、より多様な働き方を積極的に取り入れてゆく必要があるでしょう。

テレワークをはじめとした多様な働き方へいかに早く変化に対応できるかという点は「コロナ後」の世界への備えとして重要になってくると考えられます。

テレワーク×クラウド型RPAは相性ぴったり、両立できる!

在宅勤務などテレワーク環境になると、RPAツールを利用した業務自動化がやりにくくなるというイメージはないでしょうか。もし「RPAツールを利用した自動化のために片道1時間かけて通勤する…」といった事があれば、それは本末転倒というものです。

実はテレワークとRPAによる業務自動化は、両立が可能です。

ポイントは「クラウド型RPAを使う」ということです。

弊社では「業務自動化プラットフォーム」として、高機能なクラウド型RPAツールをSaaSで提供しています。このSaaSという形態、もともと多拠点での利用に向いているのですが、今あらためて「テレワークにぴったり」という点をご評価いただくことが増えてきました。

RPAの設定や調整のために通勤する必要はありませんし、会社の端末やサーバーが使えなくても、業務が止まることはありません

テレワーク時代だからこそ、クラウド型RPA「Robotic Crowd」を!

Robotic Crowdはインターネットとブラウザさえあれば時間や場所の制約なくいつでもどこでも使えるので、さまざまな体制、さまざまな業務へ柔軟に対応します。

チャットによるプロフェッショナルサポートも通常通りご提供を続けていますので、定着に向けたサポートも万全です。

まずはブラウザ自動化といった簡単な業務からスタートし、システム間連携やAPIを活用した完全自動化といった形へ段階的にスケールアップしてゆくのもおすすめです。

テレワーク時代に突入した今だからこそ、今後の多様な働き方を支える「業務自動化プラットフォーム」としてクラウド型RPA「Robotic Crowd」を取り入れてみませんか?


Robotic Crowdの資料請求はこちらから

製品の詳しい資料を無料でお送りします。リクエストお待ちしています!

その他の記事

最新記事

Contact

お問い合わせ

資料請求