【RPA事例集付き】RPAの活用事例12選! 営業から広告・事務・ECまでRPAの活用例をご紹介

近年、業務効率化の流れを受け、RPAのニーズが高まっています。しかし、RPAがどのように活用できるのかがわからないと、自社で上手く使いこなすイメージが湧かない方もいらっしゃるでしょう。

この記事ではRPAを導入し、活用する参考として、他社におけるRPA活用事例をご紹介します。全ての事例について、より詳細な課題・活用ストーリーを個別記事にて紹介していますので、気になる事例がありましたら詳しい事例も読んでみてください。

なお、初めて導入する方には下記記事でポイントをご紹介していますので、併せて参考にしてみてください。

RPA導入のポイントや事例などをご紹介【比較検討シート付き】

事務・バックオフィスでのRPA活用事例

定型の繰り返し業務が発生しがちな事務作業は、RPAとの相性が非常に良いです。ここでは2つの事例を紹介します。

1. 打刻チェック業務の自動化

「休日勤務の申請の有無と打刻データのチェックし、事前申請と打刻情報にズレがある場合は本人確認する」という一連の業務を全て自動化したこの事例。なんと月間70時間にわたる業務の削減に成功しました。

打刻チェック業務を月70時間削減! 別業務へも範囲を広げた「業務自動化プラットフォーム」へ

2. 勤怠上の問題を上長に自動通知

勤怠データに問題がある場合、その原因追及・改善をすることが大切です。RPAを使うことで、「入退室管理システムと勤怠管理システムのデータのズレがないかチェック~部門長への報告」を自動化し、スピーディーな改善アクションを実現することもできます。

入退室データとタイムカードデータの差異を自動抽出! 素早い業務改善アクションを実現

広告運用・広告代理店でのRPA活用事例 

広告運用はデジタルなデータの処理が多いためRPAの活用がしやすく、広告運用担当者や広告代理店での活用事例も数多く存在します。

1. 広告の分析用データ収集を自動化

デジタルマーケティングにおいて、精度の高い分析に基づいた運用改善は必要不可欠。しかし、分析対象となるデータの数や種類を増やそうとすると、データを集めるだけで担当者の工数がとられてしまいます。こちらの事例では、人手に頼っていては到底集めきれないデータ収集業務をRPA化することで、新たなデータに基づいた精度の高い分析調査が可能になりました。

クラウド型RPAを「既存業務の効率化」ではなく「新しい価値の創造」に活用する

2. 広告レポートの作成を自動化

自由度の高いRPAを用いると、前述のデータ収集の事例からさらに踏み込んで、レポートの整形方法もルール化することができます。こうすることで、データ収集からひと手間必要な広告レポート作成も自動化できてしまいます。

広告レポート自動作成、ひと手間必要な業務もクラウド型RPAでまとめて自動化

3. アフィリエイターの不正広告を自動検出

アフィリエイト・プラットフォームの運営会社様の業務の中には、広告主の利益を守るため紹介者による不正な利用がないかを確認する業務があります。RPAを上手に活用することで、アフィリエイターによる不正広告がなされていないかを24時間監視することもできるのです。

クラウド型RPAで不正広告を24時間自動監視!

営業でのRPA活用事例

営業部門ではRPAは使えないと思っている方もいるかもしれません。しかし、ここ数年では営業部もデジタル化が進んでおり、業務を上手く定型化することで大幅な業務効率化が見込めるのです。

1. お問い合わせ対応を自動でタスク化

顧客からの問い合わせや新規の申し込みをメールで受け付けている場合、内容も重要度も様々なメールが届いてしまって、本当に大事なお問い合わせに対応できない場合があります。RPAを使って重要なメールだけを自動で抜き出してタスク登録することで、対応の抜け漏れをなくすことができます。

届いたメールを一定の条件で検索、管理ツール等への登録を自動化

2. アタックリストの自動生成

BtoB企業であれば、営業に欠かせないのがアタックリスト。しかし、アタックリストを内製しようとすると手間がかかり、コピペ作業だけで一日が潰れてしまうこともあります。この事例ではアタックリスト作成業務を自動化することで、人手も費用も気にせずに自由にリストを作れるようになりました。

営業アタックリストを自動作成! クラウド型RPAで営業活動を効率化

3. 反社チェックや与信業務の自動化

同じくBtoBであれば、いざ契約というタイミングで反社チェックや与信調査などが必要になります。これもRPAで自動化することで業務効率を向上させることができます。

【Salesforce連携】APIでの自動起動と、APIのない社外サイトからのデータ取得で「反社チェック」「与信調査」を自動化

4. 保険審査の通過状況を自動通知

BtoBだけではありません。ある保険総合代理店では、お客様との契約に必要な審査の通過有無を、今までは営業自身が各保険会社に確認に行かなくてはなりませんでした。この審査状況が自動で通知される仕組みをRPAによって作り上げた事例を、こちらの記事で紹介しています。

【Salesforce連携】保険代理店の各営業員が行う審査状況チェック・更新作業をまとめて自動化!

ECサイト・WEBサイトでのRPA活用事例

最後にご紹介するのは、ECサイト・WEBサイトでの事例です。スピード感のある運用・改善が求められるWEBサイトにおいて、RPAの活用はユーザビリティや業務スピードの向上につながります。

1. ECサイトで配送ステータス更新を自動化

購入された商品の配送ステータスを購入者のマイページに通知するには、配送業者のシステムで更新されるステータスをECサイト側でマイページに反映させなければいけません。ここにRPAを使えば、マイページにおける出荷後の配送ステータスの更新を自動化し、更新の人手を削減しながらユーザーの利便性を高めることができます。

ECサイトにおける商品の追跡ステータス取得とマイページ更新を自動化

2. 日次のサイトレポートを自動で作成

ECサイトの改善のためには、最新のデータをもとにした仮説検証が最重要です。しかし、毎日更新となると、更新する担当者の手間は非常に大きなものとなります。その日次レポート作成業務をまるごと自動化した事例をご紹介します。

開発なしで日次レポートを自動作成、朝の会議では最新データで議論できる

3. アフィリエイト広告のリンク取得を自動化

アフィリエイト広告を掲載するウェブサイトであれば、記事に商品へのリンクを結びつける作業をRPAに任せることで、自動化のみならず人的ミスの予防も実現できます。ひとつひとつは単純でも、積み重なると大変な業務を自動化することで、大幅な業務効率化になるのです。

アフィリエイト広告のリンク取得を自動化、人は記事作成や商品選定に注力できる


クラウド型RPAなら「Robotic Crowd」

クラウド型RPA「Robotic Crowd」で成果をあげていらっしゃるお客様の事例を1冊のPDFにまとめました。みなさまの業務自動化、生産性向上、付加価値向上のヒントを無料でご覧いただけます。ぜひダウンロードしてください。