Blog

Robotic Crowdはプログラミングの知識がなくても簡単に設定できますか?

目次

  • RPAツールを使えば、プログラマでなくても自動化できる
  • RPAツールは、プログラミングの知識があればさらに活用が進む
  • Robotic CrowdのUIは使いやすい
  • Robotic Crowdはサポートが充実している
  • 「業務自動化」か「特定のツール」か、どちらを学ぶか
  • 初期導入支援・運用時の伴走サポートがあると万全

ご質問

  • RRobotic Crowdはプログラミング知識なしでも簡単に設定できますか?

回答

  • はい、できます。
  • 「繰り返し」「分岐」「変数」などの理解があれば、より活用しやすいでしょう

RPAツールを使えば、プログラマでなくても自動化できる

RPAツールに対して「ノンコーディングで自動化プログラムを作ることができる」という期待があります。

バックオフィス業務など社内業務の生産性向上・業務効率化ニーズの高まりに対して、業務自動化を実現するITエンジニアのリソースが足りない、あるいは優先度が低くなかなか実現されないという状況があります。この状況を打開するため「プログラマでなくても自動化できる手段」が求められており、具体的な打ち手としてRPAが期待されています。

RPAツールを使えば「プログラミング知識がなくても簡単に自動化できる」というのは事実です。Robotic Crowdでもノンコーディングでのワークフロー構築が可能なUIをご用意しているので、問題なくご自身でワークフローを構築していただくことができます。

RPAツールは、プログラミングの知識があればさらに活用が進む

ではまったくなんのプログラミング知識がなくても、RPAツールを使えば問題なくさまざまな自動化を進められるかというと、実はそうでもありません。

RPAツールによる業務自動化を進めてゆく中で、はじめは簡単な自動化を行っていたとしても徐々に複雑な処理が必要になり、結果「繰り返し」「条件分岐」「変数」といった知識が求められるようになってくることがあります。

この時、本当になんの知識や経験もない状態だと、必要なワークフローを作れなかったり作るのに時間がかかってしまい、結果せっかくのRPAツールをフルに活用しきれない…という事態に陥ることがあります。

RPAツールを利用するにあたって、プログラミングスキルは必須ではありません。しかし最小限の基本的な知識があった方が、RPAツールの持つポテンシャルを十分に発揮できる可能性がより高まります。

ある程度のプログラミングスキルのある方であれば、すでにお持ちの知識をRPAツール上ではどう表現すればよいか?という応用が効きやすいので、RPAツールの習熟はしやすいと言えるでしょう。

とはいえ、RPAツールの使い始めにいきなりプログラミングの知識が必要になるわけではありません。

こうした知識は時間をかけながら徐々に増やしてゆけますので、まずはノンコーディングの範囲でRPAツールを使いながら、業務自動化への取り組みそのものに慣れていただくことをオススメします。

Robotic CrowdのUIは使いやすい

Robotic Crowdの自動化設定画面は、特段のプログラミング知識がなくても比較的かんたんに使っていただけるUIになっています。

ブラウザを開く、クリックするなど個別の「アクション」をドラッグアンドドロップ。上から下へ順番に一列につなげて「ワークフロー」を作ります。複雑なフローチャート形式ではない、シンプルでわかりやすいUIが特徴です。

実際の画面については、オンライン体験会無料デモ体験で確かめていただける機会をご用意しています。ぜひお気軽にお申し込みください。

Robotic Crowdはサポートが充実している

実際にツールを使われるご担当者の方は、はじめからプログラミング知識がなくても問題ありません。

わからないことがあれば、チャットサポートをご活用ください。どんな業務を自動化したいのかイメージをお伝えいただければ、ワークフロー構築のアドバイス、類似ユースケースのご提供、ご自身で作成いただいたワークフローの調整など、様々な形で自動化を実現します。

このサポートとのやり取りを通じて、結果として「繰り返し」「条件分岐」「変数」といった知識を生かした応用的な使い方を、自然な形で身につけていただくことも可能です。こうした基本的な概念は、Robotic Crowd以外のツールでも応用が効きます。Robotic Crowdを使いながらいつの間にかプログラミング的な概念も学習できるので、担当される方ご自身もパワーアップできそうです。

「業務自動化」か「特定のツール」か、どちらを学ぶか

RPAツールによっては、自動化ワークフローを構築するためにそのツール独自の機能をいちから覚えなければならない場合があります。導入初期の学習コストが必要という意味ではRobotic Crowdも同じなのですが、ご利用のツールによってはせっかく学習した内容も「そのツールだけへの習熟」にとどまってしまいまったく応用が効かないことがあります。

RPAツール選定時には、身につける知識経験が汎用的なものになるかそうでないか?という点も意識しておいたほうがよいでしょう。

初期導入支援・運用時の伴走サポートがあると万全

Robotic Crowdを使えばある程度はノンプログラミングでも自動化できますし、プログラミング知識が下地にあると、さらに活用の幅が広がります。わかりやすく使いやすいUIを使ったドラッグアンドドロップでのワークフロー構築をしながら徐々に経験を積んでいただきながら、いずれ「繰り返し」「条件分岐」「変数」を応用したワークフローを構築できるようになるといった流れでご利用者様自身もパワーアップ可能です。

実際にRobotic Crowdを使っていただく際にはツールのご利用だけではなく、ワークフローの初期導入支援と運用時の伴走サポートもあわせてご利用いただけると万全です。

初期導入支援を使っていただければ、貴社にとって必要な業務自動化をスムーズに開始できて無駄がありません。伴走サポートを使っていただければ困ったときにはすぐにサポート可能です。Robotic Crowdは常に開発・進化を続けています。サポートからは新機能が追加されたときのご案内もしております。
Robotic Crowdならプログラミングの知識があってもなくても大丈夫です。貴社にとっての「業務自動化プラットフォーム」としてご活用いただければ幸いです。


クラウド型RPA「Robotic Crowd」で業務自動化してみませんか?こだわりの操作感を、実際にお試しください。ご相談は無料、無料トライアル期間も設けていますです。

その他の記事

最新記事

Contact

お問い合わせ

資料請求