クラウド型RPAで営業リストを作成、大量のWeb調査を高速・正確に自動化

課題

  • 毎日、最新の営業リスト作成が必要
  • 調査の数が多く、人手では営業チームの求めるスピードが出せない

実現したこと

  • 大量のWebスクレイピングを毎日素早く正確に実行
  • データの比較、書き込み先の指定など複雑な処理もまとめて自動化

営業活動には、常に最新の情報が必要

転職支援サイトでは、募集する企業のためにも求職者のためにも、新しく質のよい求人情報を数多く掲載している必要があります。

これを実現するために、転職支援サイトの営業チームでは常に最新の求人動向を監視しています。求人情報を掲載したいという企業のニーズを把握、素早く自社媒体掲載の営業をかけ掲載してもらえるかどうかが、自社の転職サービス成功の鍵を握っています。

転職市場には同業者も多いので、日々激しい競争が繰り広げられています。

求人情報の監視〜営業リスト作成はスピードが重要

営業チームでは、求人サイト等で公開されている求人情報を独自に調査し、営業リストを作成します

  • 任意の企業が募集している求人情報をWebスクレイピング調査する
  • 募集中の求人情報をすべてスプレッドシートへ書き込む
  • 最新データと前日のデータを比較する
  • 新規求人があった場合、新規求人だけを抜き出して別シートに書き込む
  • 募集終了した求人があった場合、終了した求人だけを抜き出して別シートに書き込む
  • 更新したスプレッドシートの内容を、自社内の管理システムへ登録する
  • 最新のデータをもとにした営業活動を行う

常に最新の情報をもとに営業活動をするために、これを毎日実行しています。

課題は、調査対象数の多さ

対象企業×対象サイトの数だけこの業務を繰り返す必要があるのですが、組み合わせパターンがとても多いのでこれを人手で行うと時間がかかって営業が求めるスピードにはとても間に合わないのが課題でした。

どんどん増えてゆく大量のWeb調査を、スピードと正確さを向上させながら毎日繰り返してゆくためには、クラウド型RPAによる自動化が有効でした

導入後は自社で活用範囲を広げられる

Robotic Crowdを使いはじめた時のワークフローはシンプルで、スクレイピングとスプレッドシートへの転記のみでした。

その後お客様ご自身で利用されるうちにRobotic Crowdのさまざまな機能、汎用性の高さへの理解が深まり、どんどんワークフローが高度化していったそうです。

現在では前日のデータと当日のデータとを突き合わせた比較、比較結果によって書き込み先のシートを変える、自社内の管理システムへの登録など、細かい工夫を積み重ねていらっしゃいます。いまでは冒頭で示したすべての工程をRobotic Crowdで自動化、1日に数十件のワークフローが常に稼働しています

Robotic Crowdの柔軟さですべての業務を自動化

こちらのケースでは、まず最初に弊社のCS担当者がワークフローを作り、それをベースにお客様ご自身で調整・量産するかたちで利用を広げました。

Robotic Crowdならではのポイントとしては、様々なケースに対応できる柔軟なワークフローを構築できたという点が挙げられます。

  • 取得したデータを所定のルールに沿って加工してから貼り付ける
  • 前日データと当日データの照合処理を組み込んだ
  • CSSセレクタを、画面構造の深い階層まで検出・指定できる

はじめはCSチームがサポートさせていただきましたが、今はお客様ご自身で多くのワークフローを開発され、安定稼働中ということです。

クラウド型RPAと営業チームの連携プレーで、タイムリーで効果の高い営業活動を実現することができました。


Robotic Crowdの資料請求はこちらから

製品の詳しい資料を無料でお送りします。リクエストお待ちしています!