Blog

DX(デジタルトランスフォーメーション)推進への具体的な一手、クラウド型RPA「Robotic Crowd」

目次

  • DX(デジタルトランスフォーメーション)対応、進んでいますか?
  • 従来型システムは、変化への素早い対応が難しい
  • 独立したシステムを連携させるのがポイント
  • 中堅中小企業こそSaaSを活用すべき
  • クラウド型RPAで、システム間を連携させる
  • Robotic Crowdはさまざまなシステムを連携できる「業務自動化プラットフォーム」
  • SaaS × Robotic Crowdで、DXを推進!

DX(デジタルトランスフォーメーション)対応、進んでいますか?

いま「2025年の崖」が迫っています。

これは経済産業省が発表したレポートに記載されていた言葉で、もしDXが進まなければ、2025年以降、最大で年間12兆円の経済損失が生じる可能性があるとされています。衝撃的な内容ですね。

なぜ今DX対応が必要なのでしょうか。古いシステムの寿命が迫っているからでしょうか。

本来DXが目指すのは、レガシーシステムの老朽化対応といった守りの発想ではなく、新しいデジタル技術を活用した新しい価値の創造のはずです。

世の中は急速に変化を続けており、新サービスや新技術が浸透するスピードはますます早くなっています。

急速な変化の例

  • 書籍や日用品の購入→スマホで購入
  • 中古品・不用品の売買→スマホで取引
  • 現金決済→バーコード決済
  • CD購入→定額音楽配信
  • 事業所へ通勤→在宅勤務
  • 電話対応→チャット対応
  • テレビ→動画SNS

こうした状況の中、いかに素早く変化に対応できるかがカギになりますが、しかし従来型のシステムのままでは、変化への素早い対応が困難です。

従来型システムは、変化への素早い対応が難しい

従来型のシステムは多数の業務提供を前提とした「ひとつの大きなシステムとデータベース」で構成されています。影響範囲が大きく、システム自体も非常に複雑だといえるでしょう。

これまではメリットの多い形態でしたが、裏を返すと部分的な改修であっても影響範囲が大きく、こまめに改修するのには向いていないというデメリットにもなります。

今後のスピーディーな変化対応を考えた場合、この「改修が容易ではない」という点がネックになりえます。

図:従来型システムは改修の影響範囲が大きく、急激な変化への対応が難しい

では、今後の急速な変化へ対応するためにはどうすればよいのでしょうか。
ポイントは独立したシステム同士を連携させておくことです。

独立したシステムを連携させるのがポイント

従来型のシステムはすべての機能をひとつのシステム内で構築する形でしたが、変化への素早い対応を実現するためには目的別の独立したシステムの利用を前提に、各システム・データ同士を緩やかに連携させておくのが理想です。

図:独立したシステムを緩やかに連携させるイメージ

例えば顧客管理システムとして新たにSalesforceを導入しても他の業務システムは直接影響を受けません。あるいは別のタイミングで経費精算システムだけを変更したとしても、他のシステムは影響を受けません。

このようにしておけば、必要に応じてシステムの入れ替えや追加を素早く行うことが可能になります。

中堅中小企業がDXを推進し2025年の崖を乗り越えるため今やるべきことは
「複雑化・老朽化・巨大化・ブラックボックス化した既存のレガシーシステムを目的別のシンプルな最新システムを緩やかに連携させた状態へ移行する」ことです。

中堅中小企業こそSaaSを活用すべき

世の中の変化に素早く対応するためには、単一の巨大なシステムを使い続けるのではなく、独立したシステムを連携させるのが重要です。そしてそれは、今からまたゼロベースで社内構築する必要はありません。「SaaS」を利用すればすぐに実現が可能です。

SaaSとは「Software as a Service」の略で、インターネット経由で利用できる月額制のシステムのことです。世の中にはさまざまな業務を支える企業向けのインターネットサービスがたくさんあります。それらを組み合わせることによって、開発・導入に何ヶ月もかけることなく即座に必要なシステムを使い始めることができます

変化への素早い対応の例として、SaaSを取り入れている企業の方がテレワーク環境に素早く対応できたという調査データをご紹介します。

図:SaaS利用企業のほうがテレワーク導入率が高い

出典:HENNGE株式会社「企業のSaaS利用とテレワークに関する調査結果」より

このデータからもわかるように、中堅中小企業がこれからDX対応を進めるためにはSaaSの活用を前提に考えるのがよいと言えるでしょう。

クラウド型RPAで、システム間を連携させる

よし、ではSaaSを使えば万全!といけばよいのですが、残念ながらそう簡単ではありません。「システム間を連携させる」という部分でもうひと工夫必要なのです。

すべてのSaaSが他のシステムとの連携機能を持っているわけではないので、連携させるために結局は部分的に独自開発をしたり、あるいは人が手作業でデータを転記するといったことが起こることがあります。

図:SaaSなら即連携可能とは限らない

ここでおすすめしたいのが、クラウド型RPA「Robotic Crowd」を使ってSaaS間を連携させるという方法です。

Robotic Crowdはさまざまなシステムを連携できる「業務自動化プラットフォーム」

Robotic Crowdなら、連携させたいシステムにAPIがあってもなくても自在に連携させることができます。APIがない場合はRobotic CrowがAPIのような役割を担ってくれるのです。
またVPNへも対応しているので、基幹システムとの連携も可能です。

そしてRobotic Crowd自体もSaaSですから端末やサーバーを用意せずにすぐに利用可能。いつでもどこでも使えるのでテレワークにも強い「業務自動化プラットフォーム」です。

SaaS × Robotic CrowdでDXを推進!

世の中の変化への素早い対応を可能にするためには、次のポイントを押さえましょう。

  • 従来型のシステムから、目的別の独立システム同士を連携させる形へ変える
  • ゼロから自前でオリジナルのシステムを構築し直すのではなく、SaaSを活用する
  • それぞれのデータを、Robotic Crowdで連携させる

こうしたアプローチが、スムーズなDX推進を後押ししてくれるでしょう。

DX推進にクラウド型RPA「Robotic Crowd」をぜひご活用ください。


クラウド型RPA「Robotic Crowd」を体験してみませんか?

実際の製品のデモを無料でご覧いただけます。貴社への訪問、オンラインミーティングのどちらでもOKです。ぜひ「無料デモ体験」をお申し込みください。

その他の記事

最新記事

Contact

お問い合わせ

資料請求