RPAとUWSCの違いとは?選定におけるポイントも含めて解説します

RPAとUWSCの違いとは?選定におけるポイントも含めて解説します

RPAに興味をお持ちの方なら、ネットでの検索中に「UWSC」というキーワードを見かけた方も多いのではないでしょうか? UWSCもRPAと同様にパソコンの動作を自動的に行うものですが、両者は根本的に違う特徴を持っています。RPA入門の第一歩、とも言われるUWSC。今回はUWSCの概要とRPAとの違い、そのメリット・デメリットや、RPAとUWSCの選定におけるポイントなどを解説していきます。

UWSCとは何か?

RPAとUWSCの違いを見ていく前に、UWSCについて確認しておきましょう。UWSCはWindows上で動作するアプリケーションで、ユーザーが行うマウスやキーボードの操作をスクリプトに記録し、繰り返し再現できるパソコン操作の自動化ツールです。このほかにも、作成したプログラムに沿ってパソコンの操作を自動化することができ、RPAと同様の機能を持っています。

UWSCにはフリーソフト版とシェアウエア版の2種類があり、国内最大規模のオンラインソフトウエア流通サイト「ベクター」からダウンロードすることができます。以前は公式ホームページが存在していたのですが、現在は閉鎖されており2017年からはアプリケーションの更新も止まっています。ただし現在でもUWSCの愛用者は多く、情報は有志が運営するWebサイトから入手可能です。

UWSCを使うメリットとデメリット

更新の止まった現在でも愛用者が多いUWSCには、どのような魅力(メリット)があるのでしょうか? デメリットと合わせてご紹介しましょう。

UWSCのメリット

  • 無料で使うことができる

UWSCにはフリーソフト版(旧Free版)とシェアウエア版(旧Pro版)があり、基本的には無料で使うことができます。これがUWSCの一番の特徴でしょう。フリーソフト版とシェアウエア版の違いは、開発用ツールの付属や機能が拡張されている点ですが、現在ベクターではシェアウエア版の入手ができなくなっています。ただし基本機能はフリーソフト版で十分使えるので、実質的には問題ないと思われます。

  • 単純な動作であれば使い方が簡単。直感的に自動化できる

UWSCはプログラミングの知識がなくても、キーボードやマウスの動きを記録して、次回から自動的に再現することができます。例えば、あるアプリケーションを立ち上げ、決まった場所の値をコピーし、別のアプリケーションの決まった場所にペーストするといった動作は、マウス操作とキーボード操作で完結します。つまり、その動作がパソコンの画面上で確認できる単純な動作であれば、実際の動作をそのまま登録できるため、プログラミングの知識は必要ありません。エンジュニアでなくとも、ビデオで操作を録画するように、直感的にアプリケーションを使うことができます。

UWSCのデメリット

  • Windows上でしか動作しない

UWSCはその動作条件がWindows10、8、7、Vista、XPとなっているため他のOSでは動作させることができません。

  • 動作が複雑になるとプログラミング知識が必要

簡単な動作であればプログラミングの必要がなく使うことができますが、条件によって作業を分岐させるような場合は必要になります。プログラミング言語はVBA(ビジュアルベーシック)に近く比較的単純なものですが、構築にはプログラマーの力を借りる必要があるでしょう。

  • サポート体制がなく、動作保証もない

UWSCは先述のとおり公式ホームページが閉鎖され、サポートがない状態です。万が一動作に不具合があったとしても、その内容について問い合わせることも改修の依頼をすることもできません。UWSCは、実質的に動作保証されていないアプリケーションなのです。

  • 開発が止まっているため、バージョンアップがない

Windowsは定期的にアップデートしていきますが、UWSCは開発が止まっているためOSのアップデートに対応できません。Windows10から11にOSをアップデートした場合、UWSCが動作しなくなる可能性もあります。

  • セキュリティに不安あり

インターネットの世界では、日々あらゆるところで脅威が発見されています。このため、各OSやアプリケーションは定期的にアップデートを行い脆弱性への対応をしているのですが、UWSCは新しく発生する脅威に対応できません。UWSCのセキュリティ強度は、決して高いとは言えないでしょう。

RPAとUWSCの違い

では、一般的なRPAとUWSCには、どのような違いがあるのでしょうか?

  • 初期費用/ライセンス費用

サービスの提供企業にもよりますが、RPAは初期費用とライセンス費用が発生するのが通常です。先述のようにUWSCにはフリーソフト版があり、これを使う限り費用は発生しません。

  • 動作環境

普及が進むクラウド型(SaaS)のRPAであれば、OSの制限はおおむねありません。UWSCは対応可能なバージョンのWindowsでしか動作しません。

  • プログラミング知識の要否

RPAは、基本的にプログラミングの知識は必要ありません。UWSCは使う機能によって、プログラムを組む必要があります。

  • サポート体制、アップデート

RPAは、リリースしている企業がサポート体制を用意していることがほとんどです。UWSCは有志によるFAQサイトで使用方法に関する質問などができますが、アプリケーションの改修・更新は期待できません。RPAはシステムに脆弱性が見つかればその都度アップデートされるといったように、セキュリティに対する不安は少ないと言えるでしょう。

RPAとUWSC選定におけるポイント

では最後に、どのような視点でRPAとUWSCを使い分けていけばよいのか、選定のポイントをご紹介します。

ユーザーの事業規模

UWSCは開発が中断されており、サポートや動作保証に期待が持てないことから、企業での使用、いわゆるプロユースには耐えないと考えた方がよいかもしれません。ただしパソコンの台数が少ない、使用を中止しても事業への影響が少ないなど、ユーザーの事業規模によっては選択肢になり得ます。個人事業主や個人ユースであれば、UWSCは効率化の強い味方と言えるでしょう。

自動化したい範囲

自動化の対象がごく単純な動作であればUWSC、分岐の多いような複雑な自動化ならRPAが優位です。UWSCも複雑な自動化は可能ですが、プログラミングの専門知識が必要で、これはトラブルが発生したときに問題となります。プログラミングが必要でないRPAは、トラブル時に強い自動化システムだと言えるでしょう。

オペレーション(運用)体制

UWSCは基本的にフリーウエアなので、プログラムを組む場合は社内のプログラマー、もしくはITに詳しい担当者を使うことになります。この場合、プログラムの内容を知っているのはプログラミングをした本人のみ、つまり属人的になる可能性があり、急な退職といったことがあると引き継ぎが困難となってしまうかもしれません。

一方、企業がリリースするRPAであれば、通常はサポート体制があります。社内にプログラマーが少ないのであればRPAを選択した方が安定的に運用できるでしょう。

セキュリティ

アップデートのないUWSCは、先述のようにセキュリティに不安が残ります。重要データや個人データを扱うシステムを自動化するのであれば、RPAを選択するのが安全でしょう。

ソフトウエアの導入は長期的視野に立つことが重要

UWSCの一番の魅力は無料であることですが、プログラムのアップデートが期待できないこと、サポートがないことは、やはり不安要素です。せっかくUWSCで自動化を進めても、将来的にRPAでの運用に転換するようなことになれば、また工数がかかることになり決して効率的ではありません。自動化のアプリケーションも含め、ソフトウエアの導入は長期的視野に立って検討することが重要です。


クラウド型RPAなら「Robotic Crowd」

Robotic Crowdの製品紹介資料を無料でダウンロードいただけます。
クラウド型RPAの特徴やRobotic Crowdの強み、ご活用事例などをご紹介しています。